バストで育てればやせる訳ではありません

おめでた、分娩。
腹部にいのちを宿して乳幼児を産むのはほんとに困難事です。
分娩までに女性はどのくらい体重が増えるか。
赤ちゃんが約3kg。胎盤が約0.5kg。羊水が0.5kg。
そうして子宮や血、バストも大きくなり、それらが4kg。
合わせて約8kgは体重が増加すると言われています。
人によってはつわりで食べれなくて体重が増えなかったり、
逆に食べつわりで思い切り食べてしまって体重が増えすぎてしまったり。
こちらは次で食べていないとビジョン悪くなってしまって毎日6食たべて
最終的におめでた前からウェイトが15kgも増えてしまいました。
15kgとなると灯油のタンクが満タンで中心15kgだ。
妊娠してから分娩まで。
10ヶ月かけて満タンになってしまった脂肪という名の灯油。
も産んだら収まるし、バストで育てれば逆におめでた前よりやせるって訊くから大丈夫。
なんて思っていました。
が、誰しもがバストで育てればやせる訳ではありません。
産後は赤ちゃんや羊水、胎盤が身体の外に出て5kgぐらい減りました。
が、ここからが長いレジスタンスだ。
初めての子育て。3期間置きに泣いて生まれるわが子供。
まとまった熟睡が取れずに眠たくて感性朦朧。
不満が貯まり、甘い物や食に走って仕舞う。
生まれてあっという間には出発は愛くるしくないので
家でできるストレス発散=好きな物を採り入れる。
に、なってしまいずいぶん減らないウェイト。
このままじゃダメだ。痩身しないと。
けど外に出ても赤ちゃんとジョギングなんて出来ませんし、
まだまだ生まれて間もない赤ちゃんを連れて何時間も外出するのも悪い。
赤ちゃんが寝てる間に家の中で出来るストレッチング。
それでもストレッチングしようと思ったらそういううまい場合寝て得る要因もありません。
それで赤ちゃんを抱っこしながら産後ダイエットしてみました。
抱っこしながら背伸びアクション。
抱っこしながらその場で足踏み。
抱っこしながらスクワット。
生後3ヶ月くらいになるって赤ちゃんのウェイトは産まれたときの中心倍になっているので約6kg。
そういう赤ちゃんを抱っこしてあやしながら通常気付いたら少しずつ。
これがなかなかいいアクション。そうして息抜きにもなる。
抱っこしてるから上肢も鍛えられ、背伸びアクションはふく陣はぎや、下半身が引き締められます。
その力か産後から4ヶ月の今はおめでた前から+3kg
おめでた前のウェイトが何とか見えてきた感じです。xn--hckp9e6bg3iehu1e.xyz

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする