3段腹部が無くなる実態なんて宿命無いと思っていたわたしが痩せた驚きの言明

「やせるのって苦しい」
一際そんなふうに思っていました。

ごはんを減らせば意見でアホ食いしてしまったり
スポーツしようと始めれば続かなくて精神的にも凹むし
楽して痩せれないかななんて言ったら非難を浴びるし

も、そんな私も痩せました!
一時期56kgもあったウェイトは46kgまで落ちました。

それは正に、「ヨガ」のおかげです。

最初はヨガって、マネーと自分に余裕のある女の人がやる、娯楽だと思っていました。
ですから街中で見る「ヨガスクール」とかの文章をみても「なるほど、よくあるパーソンね」なんて思っていました。

自身は最近「お寺ヨガ」はに通っています。
大切は友人の夫人で「本当に良いから。体験で良いから、一時払いやってみなよ」って100回ほど言われ…
苦しい腰を上げて行きました。

瞬間は夏季。
普段は大いにいらっしゃる要素のないお寺の、ふすまをあけるといった誠にそこには、20人ほどの相手方がいました。

畳の上にヨガマットを敷き詰め、自身といった身近が行くと既に過密でした。

そこに「おはようございます」というきれいな考えと共にヨガのインストラクターが登場しました。
無駄なお肉などいっさいなく、屈託の無い笑みを自身と身近についていました。
「体験ですか?必ず楽しんでくださいね」なんて、結構鈴の達するような考えで言われて、女子の私でもときめきました。

1時間のヨガの中でインストラクターはたくさんの事を教えてくれました。
「今だけは自分の息づかいに意識を向けましょう。気構えは、内方だ」

自身はこういうシーンようやく、自分の人体が贅肉で酷いと言っている要素、むくん出るよと言っている要素に気付きました。
そうして、人体が歪んでいたことも…。

「日頃、頑張っているあたいをハグしてあげましょう」
といってあたいを抱き締めるヨガの中休みの時に、気付きました。

おや、そう。過食も、あたいをいたわっていない要素に繋がるんだ、と。

そこから自身は、あたいを本当の意味で愛する要素に意識を向けるようになりました。
体の考えを聞くと、人体は意外にもごちそうを勧めなかったり行う。

減量はとりあえず、内側から。自身はそんなに思うので、やせるなら辛くも痛くも弱い、ヨガをお勧めします。くびいぼ.xyz

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする