頑固な便秘見直しにつき、お水を潤沢呑むように気をつけるようになりました!

世の中には便秘の苦悩を持つ者は多いですよね。
私も10代の内から30代にわたって慢性便秘状態で、何をしても直しませんでした。
但し勿論何もせずそのままにしておくわけにはいきませんから、薬をつかって無理に打ち出すような始末が長く続いていたのです。
薬の効果は絶大で、たとえば寝る前に飲むと翌朝には腸がゴロゴロと働く気持ちがして(ときどき胃腸が痛くなるぐらい。腸が無理に動かされてあるという気持ちでした)、100百分比近隣お通じがありました。
これから通常薬を呑むようになり、「このままでいいんだろうか…」という困り、思い切って薬を引き渡す腹づもりをしたあたい。
そうして、まず行ったのが「水をガンガン飲み込む」についてでした。
というのも、ネットで便秘に関しましてなんだかんだ調べて背景を探求しようとしたゾーン、思いあたるのが水分片手落ちだったから。
あたいはむくみ易い通例なのもあり、どうも「水を飲むとむくみみたい」という情緒があった結果さほど水分をとっていなかったのです。
むくみの原因は水の呑みすぎではなく塩の取り過ぎであるというのを知ってから、水をがっちり飲んで塩を控えるようになりました。
そうしてその効果は極大でした。とりわけ午前中にとりどり飲み込むようにしたことで効果が出たように思います。
以前は薬なしでは何日も出なかったのに、今では朝食後にしっかり便所に行くような状態です。
あー、水分ってライフだったんだな…という今さら気づいた感じがします。
そうして、塩さえ考えをつければ確かに水をとりどり飲んでもむくんだり体重が増えたり止めるということがわかったのも新しい発見でした。
というより今までが塩を取りすぎていたと思います。梅干が大好きで1日に10個近隣食べていましたし、濃い目の味付けが大好きでした。
最近では飯の塩に以前より随分気をつけるようになりました。むくみづらくなったので「痩せた?」と言われるようになったのが好ましい調整ですね!弁護士に相談したい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする